戸田鍼灸療院HP|創業72年|2代目女性鍼灸師|鍼専門 名古屋市中村区    

          頸椎症、肩こり・腰痛・睡眠障害や突発性難聴など、
様々なお悩みをご相談ください。

052-471-7555

               

  • 営業日カレンダー

  • メニュー メニュー

                       症例                

    内出血

    内出血の理由からわかる起こりやすい人

    鍼施術を受けたいと興味はあるけど内出血が嫌だわ。首や腕にアザが出来てしまったら。そんな不安を持つ方も少なくないのではないでしょうか?

     

    今から鍼の施術で起こる内出血の原因や起こりやすい人と
    対処法をご案内いたします。

     

    内出血のメカニズム

    鍼は体の中に入れるものですから、体中をめぐる血管に小さな穴が開くことで起こります。
    通常傷がついても血流が正常ならばすぐに傷口はふさがります。

    ただし、血流が悪く血管の壁がもろい状態の場合、老廃物が溜まった血は貯留し内出血の原因となります。
    鍼を抜いた後、循環が良くなったケースでは内出血は起こらず全部流れてくれます。
    その場合予後もとてもよくなります。

    鍼を抜いた後、循環が良くならず状態がまだ回復途中のケースは出血が少ししか出ず皮膚がふくらみアザになります。
    この場合まだ施術が完了していない状態と見立てます。

    慢性で重症の方ほど内出血を起こしやすいです。
    出血を起こさない鍼灸師はおらず、鍼にも副作用は有ります。

     

    では、次に内出血の経過についてご案内いたします

    最初青いアザの状態から黄色くなり薄くなって消えます。
    免疫細胞によって破壊され筋肉に血液が吸収されていくのです。
    その期は長くて2~3週間かかります。

     

    広がりは出血の量によります。数ミリから数センチ程度広がります。
    鍼は太くて長いほど効果がありますが、血管を傷つけるリスクもあることもご理解ください。

     

    跡が残ることもありません。ほかの病気になることもありません。

     

    内出血は鍼の効果が出ている証拠。

    出血は効果の表れと捉えられています。
    頭に50本打ちますと循環が良くなると、出血がたくさんの個所から出ます。
    翌日軽くなったり、記憶がさえたり、頭痛が軽減したりとご本人が効果を
    感じておられます。

     

    出血はデトックス効果にも匹敵します。

     

    頭を触るとぶよぶよしたケースは素人でも解りよいです。

    まさしく老廃物の血(おけつ)の溜まっている様子と言えます。

     

    鍼は自己の自然治癒能力を高めて健康を自身の力で取り戻すためのものです。
    鍼を刺し傷つけられた筋肉は、代謝が活性化され自己治癒能力を引き出します。

     

    血管もしかりです。
    内出血が治る過程で体の悪い部分も一緒に改善されていくのです。

     

    内出血しやすい人

    慢性で重症な方

    糖尿病の方

    加齢

    喫煙歴のある方   以上の方は血管に負担がかかりもろいと言われています。

    抗凝固薬を服用されている方

    遺伝

    ダイエット

     

    内出血を防ぐには

    細い鍼で浅く打つ事をます。 特に顔の美容鍼など。

     

    不安の方が大きいと思います。今まで施術してきて思いますが、

    不調を抱えて辛くて来院される方は皆さん一様に仰います。

    ”治るなら我慢する”と。

     

    戸田鍼灸療院では痛みの少ないよう、不安を取り除くよう、努力しています。

    なんでも仰ってください、一緒に考えます。

    ページトップへ