戸田鍼灸療院HP|創業72年|2代目女性鍼灸師|鍼専門 名古屋市中村区    

          頸椎症、肩こり・腰痛・睡眠障害や突発性難聴など、
様々なお悩みをご相談ください。

052-471-7555

               

  • 営業日カレンダー

  • メニュー メニュー

                       症例                

    五十肩

    ◆ 症状◆
    30代~60代で発症、特に50代で発症する方が多いです。
    肩から腕が痛く、衣類の着脱が出来ない、背中に手を回せない などの運動制限が特徴。
    日常生活にも支障をきたす事が多いです。軽い症状で施術すれば治りも施術も楽にすみます。

    ◆仕組み◆
    肩の関節を覆っている関節包や滑液包に炎症が起きることで症状が出ますが、なぜそうなるのかは
    まだ解明されていません。

    鍼施術をすると、早期に痛みを取り除くことができ、日常生活にも不便を感じなくなります。
    関節に近い筋肉は弱い為、痛みを感じやすく障害も起こりやすいのでしょう。
    腕は毎日よく働いていますから。

    ◆施術法◆
    お体の状態を確認し、原因の筋肉を見つけその筋肉を緩める為の鍼施術をしていきます。
    ローテ―ターカフという肩関節周囲の筋肉、その筋肉の付着部、
    腕、肩甲骨、首、背中 と施術を進めていきます。
    悪くした時間だけ 施術も時間が掛かります。

    ◆経過◆
    だいたい学校では、上記のことを習います。

    実際、五十肩を疑って来院する方々のほとんどは、肩甲骨が肋骨にべったりと
    張り付いた状態です。

    肩甲骨は四方八方につながり、同時に引っ張られている筋肉です。
    ほかの筋肉との大きな違いは、どこの骨にも付着していないのです。

    したがって肩甲骨が固いと、それよりも細い腕の筋肉が引っ張られます。
    そして、その間にある肩関節に痛みを訴ます。
    このケースがほとんどです。

    重症の方になると
    押しても痛みがない
    1~2回細い鍼で緩めてやらねば感じなくなっているほどです。

    そして初めて、正常の反応を示します。

    肩甲骨は大きな筋肉の広背筋にもつながっているため
    腰痛も起こします、ただ上半身があまりにも悪いと、ほかの痛みは、脳の防御機構が働き
    なんともないとおっしゃいます。
    五十肩が楽になるころ、腰痛を発症なさる。
    これは、肩が治癒なさった証です

    なかには、ベールをはがすように新しい痛みから消えていき、別の箇所の痛みに移動し、
    自分でも忘れていた箇所の痛みを思い出す方や
    痛みが小さくなりそれが無くなって施術が終了となる方 などそれぞれです。

    当院

    戸田鍼灸療院は筋肉に関する諸問題を得意としています。

    筋肉の緊張が強くなると、神経を圧迫してしびれが発生することもあります。
    なので、もししびれがあっても、筋肉が原因でならば筋肉を鍼施術によって
    緩めれてしまえば消えることが多いです。

    病院で治らないと言われた、診断名が無い、湿布を貰って帰された
    などの方は鍼が効く場合が多いので一度ご相談ください。

    ページトップへ