肩こり・腰痛・睡眠障害や突発性難聴など、
様々なお悩みをご相談ください。

052-471-7555

               

  • 営業日カレンダー

  • メニュー メニュー

    エッセイ

    ぎっくり腰

    すぐにおいで下さい、いつでも何時でも構いません早い方がいいです。
    戸田鍼灸療院なら、時間外でも宜しいです。
    冬は治療室を温めますので準備が必要です、電話してから来てください。

    中にはギックリでない方もお見えなので、 緊急性が無い方はお断りいたしますが、
    ギックリだけは特別で、5分の置鍼時間、1回の治療で効果が得られる場合もございます。

    発症から、日数が経ってからの方でも、
    毎日お越しくださって、2~3回も治療すれば宜しいです。

    その間仕事はお休みすると治りは早いです。

    仕事、生活習慣、身体の歪み、等は簡単に変えられない事が原因でしょう

    仕事はしたい、早く治してくれ、 大丈夫です、すぐ来てください。

    安心して下さい、ギックリは、難しい治療ではありませんからここ名古屋の戸田鍼灸療院の患者様で再発の方はおいでになりません。

    ◆ 症状◆
    重いものを持ったり、くしゃみなどをきっかけに腰に激痛がはしり、ぎっくり腰になります。
    正式には急性腰椎捻挫といい、重症になると足にも痛みやしびれが走ることがあります。
    立ったままの姿勢で腰を曲げて床に手が付けられない、そんな時はぎっくり腰かも知れません。
    慢性の腰痛だったと思っていたらぎっくり腰だったという方もいらっしゃいます。

    ◆仕組み◆
    患者様には腰椎の捻挫のようなもの、と説明します。

    ぎっくり腰は大腰筋がつく股関節と関連が深く、股関節はお尻、脚と筋肉でつながれていて、
    互いに影響しあっています。

    したがって、それらの筋肉を鍼治療によってゆるめ、血流を改善と筋肉の痙攣をなくし痛みを取り除きます。
    お尻や脚の筋肉が柔らかい人にぎっくり腰が起こる事は 有りません 。

    筋肉があちこち、本人の容量を上回ってくたびれて久しい時に起きます。
    冬の朝暖かいお布団から出て冷たい床をはだしで歩き、
    寒い洗面所で洗顔中に 起こる事や、仕事で重い物を持った瞬間 起こる事が多いです。

    ◆治療方法◆
    このような筋肉にアプローチします。

    大腰筋、股関節の筋肉にも対応します。

    ぎっくり腰は触ればすぐわかります。
    ぎっくり腰は特殊で、急性期ならば5分しか鍼治療時間にかけられないケースもございます。
    中には腰痛を併発されていらっしゃる方も お見えになります。

    急性期と言って程度により3日~1週間は冷やす、
    安静にする、マッサージはしない事を 注意して下さい。

    とにかくぎっくり腰かな? と思ったら何時でも構いません、お電話下されば対応させて戴きます。

    発症後、早く鍼治療を開始されたほうが治りも 早いようです。

    ◆経過◆
    1回の5分の鍼治療で半分ないし全部の痛みが消える場合と、腰痛を併発なさっている場合は、
    2~3回を毎日もしくは2日毎に治療し完治する場合もあります。
    いずれも触って押して、痛みがなくなるまで続けて下さい。

    痛みが無いからとやめてしまっては、またぎっくり腰を再発してしまうことになりかねません。

    ページトップへ